どんなもんヤ!(10月14日ふたりどヤ)

やらなくちゃいけないことを目の前にしてふたりどヤを聴くという現実逃避であります

ほのぼのというか、まったりというか、安らぐというか、とんでもない癒やしをくれますねふたりどヤは

どヤ特番前の収録ということで時空を遡るKinKiさん

剛「自分たちが覚えてない記憶とかもありますから、それで大いに盛り上がったことでしょう」(客観視)
光「ぶっちゃけ言うとまだ8月やから」(開き直り)

17歳の子からのメール

最近、ブンブブーンのゲストさんとか後輩くんもそうだけど、若い子のことに触れるとき「自分の子どもでもおかしくない年齢」ってふたりともよく言うよね
どうかその当たり前の感覚を大事にしてください←

そして特番で作った新しいジングルが笑

オンとオフの切り替えがすごいというKinKiさん(高見沢さん発信)

剛「喋ることもないですから…カットかかってしまったら」
光「ま、口数の多いタイプのふたりじゃないですからね」

似たもの同士ですね

初めてのお給料の話

光「今Mステに出てもジャニーさんにもらってた金額(ジュニアで先輩のバックについていたとき)よりも安いからね」
剛「そっかー…」

ジュニアのときにじゃにさんからどんだけ渡されたの?
それってKinKiだけなんでしょうかね

てか今の出演料ってそんなに安いの?

剛くんの感慨深げな「そっかー」に含まれる感情とは?

もちろん剛くんも出演料については同じなわけだから、単なる「そうなんだ」って相づちではなくて
「そうだったよなぁ… で、おまえそれここで言うんやな…」的な

料理で好きな作業の話

剛くんは皮を剥くのが好き
光一さんは焼くのが好き

だったらふたりで一緒に料理すればいいじゃん!
完璧な役割分担ではないですか

最近鉄のフライパンを育てている光一さん
鉄分摂取のためですかね
身体にいいことはすべてやってみるという

最初は焦げ付くから「オリーブオイル塗ったりとかね」って剛くんも賛同してるけど
料理の話、それも調理器具が共通の話題になってるのが面白いなあ

光一さんなにげに料理が好きですね
いかに効率よく調理するかとか美味しい味付けの配合とか、素材から一品へと創り上げていく工程にこだわりがありそう

舞台中は2時か3時に寝る光一さん
観るとはなくTVで流れているカイモノラボを眺める光一さんを想像するとウケるわ

カイモノラボってTBSの深夜にやってるのかな?多分地元ではやってないと思うけど

仕事意外で朝まで起きてるのがしんどい剛くん
光「もうおじいちゃんですね」

女子高生の匂いがするケア製品の話

JKの匂いを纏いたいおじさんなんてただただ気持ち悪いとしか

知り合いのおじさんミュージシャンにプレゼントして、次に会ったときに匂いチェックしてみようかな
って剛くん悪戯っ子やな

ま、ふたりはいいかほりを放つ四十路ですものね~

ここでまた新しいジングルが数珠つなぎで流れたわけですが、最後の「俺ソーセージ!!」と言い放った回ははっきり記憶しておりました
2013年放送ということは6年も前のことを明瞭に覚えている自分にびっくりだけど、記憶の偏りがひどいわ

剛くんの「何言うてんの」までがセットになっててジングルを締めてるの笑っちゃう

chin-chinという名前の薔薇の話

♪薔薇と太陽 はこの話題の振りだったんかーい笑

フランス語の「Tchin-tchin(乾杯)」と理解するもしつこくこのワードを繰り返すふたりw

どヤの後、これを受けてノリさんと欅坂の子がどういう反応をするかって面白がってるけど、それセクハラだからね
盛り上がるのはふたりだけの時にしなよ~(リスナーの存在とは)

あれ、レコメン公式さんの予告では「今週から少し衣替え」ってことだったけどジングルが変わっただけ?
26年目に入るという歴史的価値のある貴重な回も「○んこ」「ち○ち○」連呼の通常運転がある意味KinKiらしいわ

もうこうなったら50になっても60になってもそのスタンスでいてください笑



























この記事へのコメント