SHOCK開幕とジャニーさん

Endless SHOCK2019 梅芸公演
全31公演中、既に4公演が終わりました

この調子だと千穐楽まであっちゅうまでしょうね

劇場による演出面での違いや、台詞の変更点もあるとか

何にせよ とてもとてもとてもよいSHOCKのようです

初日を観劇された方々のレポで、冒頭でジャニーさんに敬意を表する演出があったというのを読んで、それだけでも泣けてきたのに
翌日のスポーツ紙にはカラーでそのシーンが掲載されていた

真っ暗な中に白文字で浮かび上がったジャニーさんの名前
光一さんを真ん中にキャスト全員がそれを見上げている
まるで作品中の1シーンのよう

「冒頭では紗幕に『Johnny H. KITAGAWA』の文字が映し出され、出演者全員が拍手をする演出があった」
(各スポ紙のまとめ)

“追悼” の演出 と記述した新聞もあったけど、 “追悼” だけでは表せない、“感謝” と “称賛” と “決意” と “敬愛” が混ざった気持ちのような気がします

「せりふ1つ口にすると、ジャニーさんが自分の中にずっといるような感覚になる」

きっとSHOCKを演じ続ける限り、ジャニーさんは光一さんの中で生き続けるのね…
(どこかで聞いたような台詞)

新聞は全部で4紙買ったけど、記事構成と写真は日刊スポーツさんが一番よかったかな

キャストがジャニーさんを見上げる写真の上部に
「ジャニーさんへ 堂本光一は舞台に立ち続けます」という文言が

くぅぅぅーーーっっ!!
泣かせにかかってるな日刊さんよ

一番上に5つのシーンでのコウイチが並んでる

で、それぞれの写真に付いてるキャプションなんだけど、笑かそうとしてる?
記事で泣かせてキャプションで笑わせて(違う)

右から
殺陣 …「熱演する堂本光一」
夜の海 …「激しく踊る」
8連太鼓 …「太鼓をたたく」
布フライング …「フライングする」
階段落ち …「階段から落ちる」

『階段から落ちる』てw

観劇するまではレポを避ける方もいるみたいだけど、わたしはむしろ前もって色々知りたい派です
レポを読みながらエアーSHOCKするのが楽しいの!

だって梅芸は1回しか観れないからきっと、というか絶対双眼鏡でコウイチにロックオンなんですもの
「舞台全体を見てこそSHOCKの素晴らしさがわかる」というのは重々承知なんだけど、コウイチの各部位フェチなんだもん許してね










この記事へのコメント