どんなもんヤ!(11月26日)

11月26日の光一さんどや!

いつにもまして情報量が多いどヤでした~

ポロリしちゃう光一さんや、へぇーな光一さん、かわいい光一さん、やられた!って感じの光一さん。

「芳雄さんのラジオと聴き比べた感想(笑)」と番組予告にあったのでどういうコメントをするか楽しみにしてました。

冒頭の「はい。堂本光一です」から通常以上のこもった声。

寝起きですか?って感じで口も回ってないしw


芳雄さんライブを観に行ったときの話

「紹介しても別にいいよーって言って。ノリでね、ステージにも全然上がれるよ!なんて話をした。
事務所とかいろいろあるけど怒られればいいじゃないですか。

芳雄さんサイドも「ぜひ」みたいな感じだし。

ステージ上がらせてもらってその場のノリで歌わせてもらった。」

芳雄さんも話してたけど、まったく予定なしの飛入りとかじゃなくてやっぱり事前にきちんと話を通してあったんですね。
そりゃ他人様のライブでいきなりステージに上がるのは、いくらナイツテイル絡みとはいえ無茶ですもんね。


「ライブの雰囲気がすごくよくて、芳雄くんがやってるラジオがすごくいいラジオなんだなって」

あ、芳雄さんのラジオを直接聴いたのではなく、(ラジオを基に構成された)ライブを観て思ったことなのかな。
ライブでもリスナーさんのメール紹介みたいなのありましたよね?(自信ないけど)
ラジオブースという演出だったから。

芳雄くん自身がすばらしい空気を出しているから愛されるラジオになって、すばらしいライブだったと。

で、自分のラジオをちらっと聴く機会があって「ヒドイな!あっかんわー!」

「よく皆さん聴いてられるね、このラジオ笑」

おいっっっ!!!!
多分全国のリスナーが全力前のめりで突っ込んだはずw

もうちょっとハキハキ喋ろよと反省なさってるけど…えっ今ですか??

今さら路線変更されてもこっちが戸惑いますし、ええ、このまま忍耐強く何喋ってるかわからない←こーちゃんラジオを愛していきますよ。

リスナーの忍耐力が試されるラジオなんて画期的じゃないですか!!(褒めてます)

と言いつつ低音でぼそぼそ喋りのラジオでも光一さんの愛情とやさしさが溢れてるってこと、ちゃんとわかってるぜ!!

なんて言ったらきっと光一さんは照れるんだろうなあ

次は是非芳雄さんに光一さんのどヤを聴いてもらってください。

あの爽やかでハキハキ明るい喋りでハートウォーミングな番組をなさってる芳雄さんがどういう感想をもつのか?笑


明太子の話。

福岡公演中、ご飯を食べるのがつらくなる時、明太子を冷蔵庫に入れといて白ご飯と明太子だけで食べたりする。

しんどくてご飯の味もしなくなるって話をきくと、ほんとSHOCKのハードさと限界に挑戦し続けているという現実を思って胸が痛いです。


堂島さんの話。

音のデータを出しながらスタッフと打ち合わせをしてて、一瞬かけた曲、一小節も満たない堂島さんの曲に「なに?その曲…めっちゃKinKiっぽいねんけど」と反応する光一さん。

すごいなーその堂島イントロドン!
「堂島さんが作るKinKiっぽい曲」っていう括りで成立するKinKi曲の世界観が確実にあるし、もう一つのジャンルなんだなあ。

そして「めっちゃKinKiっぽい曲別に書いたでしょ!」ってぷんすこな光一さん。
「そうやってお願いされたのよー」って言い訳(?)する堂島さん。

なにその光一さんのKinKi愛。
日々が愛のかたまりじゃないですか。

きっとめちゃ笑顔だったよねー
こういう気持ちに素直なところが『かわいさのかたまり』なんだろうなあ

KinKiと堂島さんの関係も濃密ですよね


で、ここで「ふえぇぇっ?!?!?!」って思わず声を上げてしまった天然系無自覚匂わせの光一さんが登場なのですが!!

「ある人と打ち合わせをしてて一瞬イントロが…ちゃうねん…自分…自分…なんて言えばいいかなあ

いろいろバレへんように話さなあかんから難しいねんけど(笑)

自分の打ち合わせをしてて自分の楽曲…曲の話をしてたんですよ、あるスタッフと。」

ですって!!

自分の楽曲の打ち合わせとは何ですか??

いやいや、その前にバレへんようにするなら単に「打ち合わせをしてて」でいいじゃないですか??

そこをはしょることができない脳みそがかわいい。

うまくごまかせばいいじゃないですか。リスナーはその場にいたわけじゃないんだし。

ソロですか?KinKiですか?SHOCKですか?

自分の楽曲という表現なら「自分が作った楽曲」という可能性もあるし。

なんやかんやポロリしちゃう光一さんってほんとかわいい人ですねー(納得)

「堂島くんは人としても素晴らしいし、それが曲にも表れてるのかなあって思います」

素敵な人たちに囲まれてて幸せですね、光一さん。
そうやって素晴らしい人って言える光一さんも素敵だと思います。


仕事を辞めようと思うというメールへのアドバイス

「捨てることって簡単なんですよね」

「いつも壁にぶち当たってそれを乗り越えたときに新しい発見があったり、また次のステップに行ったときに、あああれがあったからこれが乗り越えられるかもしれないとか、あれがあったから今の自分があるんだなとか、ほんとにそれの繰り返しだと思うんですよね。」

光一さんのこの精神論は常々生きる上での道標とさせていただいております。

もちろん今を捨てて別の道を選ぶことも勇気だし、その選択があったからこその今があるとも言えると思う。

けれどどちらにも共通するのは「あれを乗り越えたから今の自分があるんだな」と思えるほど全力でぶつかるということ。

そんな潔い生き方をしたいです。

♪会いたい、会いたい、会えない。

最後はなんだか元気になっちゃってる光一さんでした。
























この記事へのコメント

  • haru

    おはようございます。
    頭もまわってない寝起きの感じでしたよね。寝起きの雰囲気を感じられるのも嬉しいですし(笑) 何喋ってるかわからないとは思わないですし、テンションあげないボソボソ喋りが光ちゃんっぽくて好きなんですが、見えてないとこではきちんとやらない、人が見てないから何やってもいい精神が光ちゃんにはあるようでそれがでちゃってる時があるんですよね。最近は本当に酷いと思ったのかきちんとやらないとって気持ちが感じられるんですが・・・ もう40才ですしね。気付くの遅いくらいですが(笑)
    こんなラジオを長年愛してくれてって言ってますが、剛くんが頑張ってるからっていう発想はないんでしょうかね。キンキのラジオですよ~っていつもつっこみたくなります。
    2018年11月29日 07:52
  • あかね

    haruさんこんばんは。
    まさに見えてないラジオのお仕事。全国放送ですけど(笑)甘えられる人にはとことん甘えちゃう光一さんですよねえ。でもそんな不完全なところも含めて好きなんですけどね。

    ラジオはこれから変わるのかなあ 変わらないでしょうねえ(笑)
    2018年11月30日 02:20