Topaz Love/DESTINYフラゲ!!

新星堂さん店頭にて18時過ぎにTopaz Love/DESTINYのフラゲ完了。

なんと入店すると同時にDESTINYが流れ始め聴き入りながら店内をゆっくり廻っていると、あ、2番だ!!

えっと… 実はDESTINYはフルでは聴いたことなかったからそれが初聴きだったわけで…

CDを聴く前に新星堂さんに軽くネタバレされてしまったという笑


レジの後ろの新譜の棚をチラ見したらKinKiさんのCDがいつもよりたっくさん(な気がしたけど)並んでました。

予約してた3形態と特典のミニポスターもきっちり3枚お持ち帰りしました。
(ミニポスターは全部違うのかな?まだ開いてないからわからない…)

帰りの車の中で通常盤のセロファンを慎重に開封。

いつも焦り過ぎてセロファンがピッと破けてしまうからそこは学習して丁寧に。

よし、キレイにはがせた。よくやった。(それほどのことじゃ)


さっそく聴いてみた。

Topaz Loveで … はい、泣きました。
もうイントロが鳴ったら脊髄反射でブワッと目頭が熱くなります。

DESTINYで … さらに泣きました。
なんでDESTINYで泣くのか自分でもわからないけど…フルで聴くと泣けますよね?

なんだろう。ふたりの声が持つ力。
声だけじゃない、そこにある剛と光一という存在が。

泣かせにかかる。
ふたりの声が重なるとそこに物語が生まれ、どんな強靭な涙腺もガードできない破壊力を持つわけですよ。

ふたりのストーリーがこちらの感性を震わせにくるんです。

おそるべきKinKi Kids。


Music Clipとメイキングはそれぞれ1回だけざっと観ました。

あぁぁぁぁぁかっこいい。

あぁぁぁぁぁかわいい。

堂島さんありがとう。


カップリングもいい曲。



(でもほんっとごめんなさい。哀愁のブエノスアイレスの最後のフレーズが演歌みが強くて笑ってしまうということを懺悔します)




この記事へのコメント