『道は手ずから夢の花』カップリング試聴

JEのサイトデザインがリニューアルされて、その美しいこと、美しいこと。

このデザインだけでもずっと見ていられるほど。
スモーキーなシルバーグレーを基調とした色彩を背景に白い花が浮かび上がっている。

トップページをスクロールすると『道は手ずから夢の花』のジャケ写が現れ、またこれが夢のように美しいんだな。

このジャケ写ってハイブランド化粧品のポスターのようだといつも思う(それ以上の気品と美貌だけど)



そしてカップリング曲を試聴しました。

『マフラー』 
サビの始まりを聴いて「これはもうKinKiの哀愁系の真骨頂!」からの最後は明るくふわっと終わるという王道ソングでしょうか。

久保田洋司さんが作詞ということで、タイトルから想像したのは『星ミル振リ』みたいなちょっとかわいらしい歌かと思ってたけど違ってました。
音が流れた途端、コンマ1秒で好きになった。
まさにコンマ1秒の恍惚。

『Pure Soul』
うわーっ これも好きだーーーー!!と叫びたいくらい。
聴きながらニマニマしてしまった。
堂島さん作詞・編曲、原一博さん作曲の、お待ちかねのマイナーな曲調のやつ。
大人な雰囲気。

『パズル』
美しい。ふたりの歌声が澄み切っている。
透明感にやられて「汚れた心ですみません」と謝りたくなる。


3曲全部タイプが違うけれど全部好き。
11月1日にはフラゲできないので、フルで聴けるのは2日になるかな。
待ち遠しい。

Music Clip & Makingも早く観たいなぁ。「花と花(仮)」もね!



最近のこーいちさんの様子はブンブブーンとどヤ!でしかうかがえないけど、アリーナツアーのレポを見てもかわいいとしか言葉が出てこないのが辛い。

いや、ふたりどヤではかなりリラックスなさってたようで、時折喋り方がその辺のおっさんとしか思えないような時もありますが。
それでもかわいい。

ブンブブーンでは増量した肉体(特に胸筋!!)に目を見張りますが、それにも慣れてきてもはや筋肉ありきの可愛さとなっております。

などといつも通り「かわいい」の連呼です。
が、唯一参加できるコンサートがもう目の前に迫ってきており、可愛さのかたまりを受け入れる心の準備をしておかねばと思っているところです。





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック